城の基礎知識

海外との違い2 日本の城は海外の城に比べて防御力が低かったのか

投稿日:2016年3月22日 更新日:

海外の人が日本の城を見た時に最初に思うことが「攻略されやすそう」ということのようです。

海外との違い1 日本の城は海外に比べて防御力が低かったのか




海外では城と言えば街全体を囲った「城郭都市」が主流であり、防衛用の城だけが独立している日本の城は、天守閣さえ壊してしまえばすぐに攻略できてしまうように見えるそうですね。
 

では実際に、日本の城は攻略しにくかったのかというと、全くそのようなことはありません。
日本の城には高い石垣や深い堀があり、仮にそれらをよじ登って天守まで到達したとしても、すぐに上から弓矢や鉄砲などで撃ち落とされてしまっていたでしょう。
建物の構造自体で守りを固めていたのが、日本の城なのです。

 

■日本の城の弱点とは

 

しかし、日本の城はその構造ゆえに、長期戦に関してはめっぽう弱かったと考えられています。
海外の城郭都市の場合は、食料や水などが都市の中にふんだんにありますから、長期戦にも容易に備えることが可能でした。
しかし、日本の城は都市と独立しているので、補給路を断たれてしまった場合にはすぐに限界を迎えてしまいます。
 

日本史上の合戦に同じ場所での苛烈な長期戦が少なかったのは、このような理由もあると言えるでしょう。

-城の基礎知識

Copyright© 江戸城ナビ , 2018 AllRights Reserved.