書籍・DVD 最新ニュース

【ニュース】 始動!江戸城天守閣再建計画/松沢成文 本日出版

投稿日:

●始動! 江戸城天守閣再建計画 (ワニブックスPLUS新書)

始動! 江戸城天守閣再建計画 (ワニブックスPLUS新書)

始動! 江戸城天守閣再建計画 (ワニブックスPLUS新書)

新書: 278ページ
出版社: ワニブックス (2016/12/8)

内容紹介

幼少時から筋金入りの歴史オタクでお城好きの筆者、政治家となってからも寸暇を惜しみ城めぐりを続けるうち、夢見るようになったのが「江戸城天守閣再建」。明暦の大火により約300年前に焼失した江戸城、その一角にあった天守閣は天守台と合わせ 高さ約60メートル。世界都市・東京の中心に20階建てのビルに相当する大天守を再建できれば、それは観光の目玉になる! さらに天守閣を中心に、日本橋一帯、スカイツリー、ディズニーランドまでを水路でつなげば、「お江戸TOKYO」は丸ごとテーマパークになる! 壮大な夢を描いた前著(「甦れ! 江戸城 天守閣」から2年、2020年東京五輪に向けての町作りについての議論が活発になっているいま、「江戸城天守閣木造復元」が現実味を増している。奇跡的に残っていた1枚の設計図などから造られた復元用の精密な設計図、竣工後CG、経年後CGなども大公開! 全国各地で高まる「天守閣復興ムーブメント」も紹介。わくわくどきどきする東京が見える、なぜか元気がわいてくる1冊です!

 

城マニアのプロレスラー藤波、「江戸城がないというのは本当にさみしい」
 

城マニアのプロレスラー藤波、「江戸城がないというのは本当にさみしい」

元神奈川県知事で参院議員、松沢しげふみ(58)が5日、新著「始動!江戸城天守閣再建計画」(ワニブックスPLUS新書、972円)の発売記念イベントを東京都内で行った。

江戸城には5層6階の日本最大の天守閣があり、世界最大の木造建築物とされてきたが、1657年の明暦の大火で焼失。松沢議員は2005年に発足したNPO法人「江戸城天守を再建する会」に賛同し、天守閣を復元させようという動きに一躍買っている。

この日のイベントには、城マニアで知られるプロレスラー藤波辰爾(62)なども参加。藤波はテレビ番組などでも日本各地の城の魅力を紹介しており、「地方に(試合に)行ってはお城を訪ねています。自分にとってのパワースポットになっています」とマニアぶりをアピールした。 また藤波は、松沢議員が提唱する「東京に足りないのは天守閣。当時のままの木造建築で復元することによって、年間500万人の入場者が見込め観光振興から経済成長へ期待できる」に賛同。藤波は「そんな中、江戸城がないというのは本当にさみしい」と漏らし、「再建が実現するのなら、つくるところから見せてほしい。完成の暁には各国首脳が集まるサミットも開催してほしい」と熱弁を振るった。

転載:サンケイスポーツ

-書籍・DVD, 最新ニュース
-

Copyright© 江戸城ナビ , 2018 AllRights Reserved.